フコキサンチン
フコキサンチン:FUCOXANTHIN STUDY NOW

フコキサンチンの歴史とその機能

フコキサンチンは1914 年に発見され、1969 年に化学構造が決定されました。他のカロテノイドと同様に強い抗酸化力を持っており、がん細胞に対しては他のカロテノイドより高いアポトーシス誘導作用があることが見出されていることなどから、研究者の関心を集めました。その後、抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用、抗肥満作用、抗糖尿病作用についても研究が進められ、その多機能性は海外からも非常に注目されています。

フコキサンチンとは フコキサンチンが多く含まれているアカモク 比類なき豊かな生態系に存在する「函館アカモク」 フコキサンチンとメタボリックシンドロームについて フコキサンチンが多く含まれているアカモク フコキサンチン:FUCOXANTHIN

All right reserved 函館アカモク活用研究会